A HUMBLE PERSPECTIVE..

英語
A HUMBLE PERSPECTIVE
Jamie Bonini knew enough to be humble when he was named manager of a large Chrysler plant near Windsor, Ontario. He had more years in academia than he did in manufacturing, and rather than pretending to ‘‘know it all,’’ he admitted his weak spots and asked for help. He did something that no previous plant director had done—he made frequent visits to the manufacturing floor. When things went wrong, he blamed the process, not the workers, and he asked for help from those workers to fix the process.

Bonini’s humble management style was much like that of King David. In the heat of a battle, David developed a strong thirst. Some of his ‘‘mighty men,’’ imbued with the loyalty that can only be inspired by a leader like David, offered to go across enemy lines, risking their lives to bring their leader a drink! David refused to let them make this sacrifice. He believed in being on the front lines with his men and didn’t feel that any man should sacrifice his life to make the leader a little more comfortable.
日本語
謙虚な物の見方
ジェイミー・ボニ二は、オンタリオのウィンザー近くにある大きなクライスラー施設のマネージャーと名付けられていたころ、謙虚さをよく知っていた。彼は製造より学究的環境のほうがもっとたくさんの年数で関わっていて、『すべて知っている』フリをするのではなく彼は自分の弱いところを認め、分からないことは人に聞いた。彼は前の施設長がしなかったようなことをしたー製造場にも頻繁に訪れていた。事がうまくいかなかった時、彼は労働者ではなくその工程のせいにし、その労働者たちに工程を直すよう助けを求めた。

ボニ二の謙虚なマネージメントスタイルは、キング・デービッドによく似ていた。戦いの最中に、デービッドは新しく熱望したことがあった。一部の彼の『丈夫な戦士』は、デービッドのようなリーダーにだけ触発される忠誠を仕込まれていて、命をかけてリーダーに一勝持ってくるために敵陣を越えていくことを申し出た!デービッドは彼らがそんな犠牲になることは拒否した。彼は自分の戦士たちといっしょに前線にいるべきだと信じていたため、リーダーの居心地をよくするために彼らが命をかけるなど必要ないと感じていた。