ACTING WITH INTEGRITY..

英語
ACTING WITH INTEGRITY
Words are not exactly cheap, but actions are dearer. Matthew emphasized that long speeches and ‘‘oaths’’ were not necessary to impress people with one’s integrity.
Do not swear at all: either by heaven, for it is God’s throne; or by the earth, for it is his footstool; or by Jerusalem, for it is the city of the Great King. And do not swear by your head, for you cannot make even one hair white or black. Simply let your ‘‘Yes’’ be ‘‘Yes’’ and your ‘‘No,’’ ‘‘No.’’ (Matt. 5:33–37)

How important is it for leaders to have actions congruent with their stated beliefs and ‘‘good intentions’’? Don’t just ask the head of a chocolate company. Put the question to James, one of the twelve disciples of Jesus: ‘‘Anyone who listens to the word but does not do what it says is like a man who looks at his face in a mirror and, after looking at himself, goes away and immediately forgets what he looks like.’’ ( James 1:22–24)
日本語
誠実に行動すること
言葉は必ずしも安いとは言えないが、行動はもっと高価である。マシューは、長いスピーチと『宣誓』は誠実で人を感動させるのに必要でなかったと強調した。
決して誓ってはならない:天国でも、神の座のためであっても;または地球によるものでも、またはエルサレムによるものでも、大王の町のためでも。そして頭で誓ってもならない、一本でも白または黒い髪を作ってはならない。単純にあなたの『はい』を『はい』に、『いいえ』を『いいえ』にしなさい。(マット 5:33–37)

リーダーたちの定められた信頼と『良き意図』と適合した行動を取ることはリーダーたちに取ってどんなに重要であろうか?ただチョコレート会社の代表に尋ねても仕方ないだろう。その疑問をジーザスの12人の信奉者の一人であるジェームズに聞いてみる:『その言葉を聞くがその通りしない者は皆、自分の顔を鏡で見て、そこを去り自分がどんなだったかすぐに忘れてしまう男のようである。』(ジェームズ 1:22–24)



下記の部分、分かり難いかと思いますがイエスかノーどちらかはっきりしなければならないという解釈となります。

そして頭で誓ってもならない、一本でも白または黒い髪を作ってはならない。単純にあなたの『はい』を『はい』に、『いいえ』を『いいえ』にしなさい。