HUMILITY ‘‘PAYS’’..

英語
HUMILITY ‘‘PAYS’’
Yet another ridiculous oxymoron? Ironically, from ancient times to modern, humility has paid off in practical terms. It’s not an easy process to trust, but it often works.
King Solomon was put to the ‘‘humility test’’ when God came to him in a dream and said, ‘‘Ask for whatever you want me to give you.’’ Solomon could have been like King Midas and asked that all he touched be turned to gold. But instead, he humbly asked for wisdom: ‘‘I am only a little child and do not know how to carry out my duties. So give your servant a discerning heart . . . For who is able to govern this great people of yours?’’
God’s answer to this humble request was to grant Solomon everything else he might have wished for: not just a wise and discerning heart, but also riches, honor, and long life. (1 Kings 3:7–14)
Humility has paid off for modern leaders as well as biblical kings. Robert Townsend, when he became CEO of Avis in the 1970s, turned the corporate world on its head when he eliminated executive dining rooms, parking spaces, and other emblems of corporate royalty.
日本語
謙遜は『得だ』
さらにもう一つのおかしな矛盾した表現だろうか?皮肉にも古来から現代まで、謙遜は実際面で効果を生んできた。簡単に信用できるプロセスではないが、よくうまくいく。
キング・ソロモンは、夢の中で神が彼の元へ来て『私に何でもお前の欲しいものを言いなさい。』と言われたとき『謙遜テスト』にかけられた。ソロモンはミダス王のように彼が触ったものすべてが金になると答えることもあり得た。しかしその代りに、彼は謙虚に知恵が欲しいと言った:『私はあだ小さな子供で義務の果たし方もしりません。ですので、あなたの使用人に英明な心を与えてください…このあなたの優れた人たちを統治することができりょうな人を?』
この謙虚なリクエストへの神の答えは、ソロモンが願ったであろう他のことすべてを承諾するとのことだった:博識や英明な心だけでなく、財産、名誉そして長寿だ。(1キングス 3:7-14)
謙遜は聖書の王たちも現代のリーダーたちにも利益をもたらす。ロバート・タウンゼントは1970年代にAvisのCEOとなったとき、実業界を彼が役員の食堂、駐車スペース、その他企業ロイヤルティの標章から除外されたときに逆さにした。