INDIVIDUAL COMMUNICATION..

英語
INDIVIDUAL COMMUNICATION
The wisest leaders, from Franklin Delano Roosevelt with his ‘‘fireside chats’’ to Hal Rosenbluth of Rosenbluth Travel with his ‘‘Hal Hotline,’’ know that it is important to make each person feel that he has direct connection to and communication with the leader. FDR’s radio ‘‘chats’’ made each listener feel that he was addressing him individually.
Rosenbluth created a voice mail link where any associate (employee) at any level can leave a message, and he responds personally to every message. ‘‘It’s an avenue for me to keep my finger on the pulse of the company, which is really the pulse of thousands of people,’’ he notes. (Rosenbluth does not ignore the need for group forums, however. He frequently has two-day focus groups with a cross-section of employees, where he asks them to draw pictures depicting their feelings about the company and probes for areas of frustration and satisfaction.1 Like former New York City mayor Ed Koch, he also asks his followers for candid feedback on ‘‘How’m I doing?’’)
日本語
個別コミュニケーション
番組『炉辺談話』とフランクリン・デラーノ・ルーズベルトから Rosenbluth Travel のハル・ローゼンブルースと『ハルホットライン』まで最も賢明なリーダーたちは、部下は誰でもリーダーに直接繋がりコミュニケーションを取りたくさせることが重要であると分かっている。
FDRのラジオ『チャット』は各リスナーにそれぞれ彼が個人的に対応しているかのように感じさせた。
ローゼンブルースは、どの同僚(雇用者)も階級もメッセージを残せるボイスメールへのリンクを作り、個人的にメッセージに返信した。『会社の実情を把握する方法で、何千もの人が本当に感じている。』と彼は書き留めた。(ローゼンブルースはグループフォーラムに必要なことは無視しなかったが、頻繁に2日間集中グループをさまざまな雇用者を集めて講座をし、彼らの会社に対する気持ちを絵で描かせ、不満な部分と満足している部分を探らせる。1ニューヨーク前市長の エド・コッチのように、彼もまた自分の信奉者たちに『私はどうだ?』と率直な意見を聞く。