Kindness and compassion..

英語
Kindness and compassion have not always been considered necessary components of business leadership. Until about a generation ago, the paradigm for American business was ‘‘command and control,’’ otherwise known as Theory X,
whose assumptions included:
❖ People are naturally lazy and need the threat of punishment to make them work.
❖ Kindness to employees will too often be interpreted as an invitation to slack off from the achievement of key business results.
The leaders of the Bible, particularly the Old Testament, often seem to subscribe to Theory X.
But the Bible is also full of examples of Theory Y management. Theory Y posits that people naturally want to achieve (if you can determine and hook into their desired goals), and that leaders who exhibit kindness and compassion will not necessarily be ridiculed and ignored the moment their backs are turned. They may even be admired and emulated, particularly once the employees have tested the compassion and found it to be sincere and lasting. Many modern leaders have been able to permeate their workplaces with kindness and compassion without sacrificing the achievement of business goals.
日本語
親切さと思いやりは、ビジネスリーダーシップの必要な要素を常に考えられているわけではない。一世代前までは、アメリカビジネスの枠組みは『指揮と管理』であり、
❖ 人々は必然と無精であり、働かせるには処罰による脅しが必要である。
❖ 雇用者への親切さは非常に頻繁に主要ビジネス成果の達成から怠け者への勧誘として解釈される。
の仮定を含む別名 Theory X として知られている。
聖書のリーダーたち、特に旧約聖書の彼らはよくTheory Xを読むようである。
しかし、聖書は Theory Y マネージメントの実例がいっぱいでもある。Theory Yは人々は自然と達成したいのだと仮定し(もしあなたが判断し彼らの熱望するゴールに繋げることができるなら)、親切さと思いやりを見せるリーダーたちは必ずしもあざ笑われ、背を向けた瞬間に無視されるということではない。特に雇用者たちがその思いやりをテストし誠実で長続きすることが分かると、彼らは称賛されたり手本とされることもある。多くの現代のリーダーたちは、ビジネスゴールの達成を傷つけることなしに彼らの職場を親切さと思いやりで充満させることができている。