Once upon a time..

英語
Once upon a time the English knew who they were. There was such a ready list of adjectives to hand. They were polite, unexcitable,
reserved and had hot-water bottles instead of a sex life: how they reproduced was one of the mysteries of the western world. They
were doers rather than thinkers, writers rather than painters, gardeners rather than cooks. They were clause-bound, hidebound and incapable of expressing their emotions. They did their duty. Fortitude bordering on the incomprehensible was a byword: 'I have lost my leg, by God!' exclaimed Lord Uxbridge, as shells exploded all over the battlefield. 'By God, and have you!' replied the Duke of Wellington. A soldier lying mortally wounded in a flooded trench on the Somme was, so the myth went, likely to say only that he 'mustn't grumble'. Their most prized possession was a sense of honour. They were steadfast and trustworthy. The word of an English gentleman was as good as a bond sealed in blood.
日本語
昔々、イギリス人は自分たちがどういう人種か分かっていた。彼らを説明する形容詞一覧が出来ていた。彼らは礼儀正しく、簡単には興奮しない、控え目でセックスライフの代わりに湯たんぽを抱えていた:彼らの繁殖は西洋世界の謎の一つだった。彼らは思想家と言うよりは実行家、画家というよりは作家、料理人というよりは庭師だった。彼らは同一節内束縛の話し方で、時代遅れで感情表現がうまくできなかった。彼らは彼らの義務を果たした。理解し難い不屈の境界はある決まり文句だった:「神によって私の足はなくなった!」と戦場の至る所に殻を炸裂させてロード・アクスブリッジは大声で叫んだ。「おお神よ、紛れもないことだ!」ウェリントン公爵は答えた。ソンムの浸水した溝で横たわっている致命的に負傷した戦士で、神話はこうなった、彼は「ブツブツ言ってはならない」とだけ言いそうだった。彼らのかけがえのないものは道徳だった。彼らは忠実で信頼できた。英国紳士が言うことは裏切られることのない絶対で確かなものだった。