SHARING THE WEALTH..

英語
SHARING THE WEALTH
In both biblical and modern times, we have had inequities of wealth. Jacob had great numbers of cattle and sheep, while many of the other tribesmen had few. An investment banker may make fifty times as much as the back-office operator who inputs the trades.
It is probably impossible to eliminate all the inequities in any society, be it biblical, feudal, communistic, or capitalistic. But it is highly possible to maintain the attitude (and corresponding actions) that wealth and resources should be shared. John outlines this premise in a very straight- forward passage from Luke 3:11: ‘‘The man with two tunics should share with him who has none, and the one who has food should do the same.’’

Our modern world is more complex, but the principles of sharing remain the same. One industry that has never been particularly known for its ‘‘sharing’’ mentality is investment banking. A friend of mine who worked on ‘‘The Street’’ once described his coworkers as ‘‘monetary titans and spiritual dwarfs.’’ But an exception (at least in its leadership) is Bear Stearns.

日本語
富の共有
聖書の時代も現代でも、私たちは富の不公平さがある。ジェイコブは、他の部族の者たちが少ししか持っていない中、たくさんの畜牛と羊を所有していた。投資銀行家は、事務員が取引きする額の50倍も稼ぐかもしれない。
どの社会でもすべての富を取り除くことはおそらく不可能だ、聖書に従い、封建主義、共産主義的または資本主義的でいよう。しかし、富や資源は共有されるべきだという態度(そして行動対応)を管理することは大いに可能である。ジョンはこの根拠を非常に真っ直ぐにまとめる-ルーク3:11:からの一節:『チュニックを二枚持つ男は一枚も持っていない者と共有するべきだ、そして食料を持つ者も同じである。』

私たちの現代世界はもっと複雑だが、共有の原則はいつでも同じである。「共有」するという観念で特に知られたことのない業界は、投資銀行業務である。一度『通り』で働いたことのある私の友人の一人は、彼の同僚を『金融タイタンで霊的小人』だと説明した。しかし、例外は(少なくともそのリーダーシップで)ベア・スターンズだ。