There is a strong case for..

英語
There is a strong case for agreeing with Churchill that the Second World War had been his country's 'finest hour'. He was talking about Britain and the British Empire, but the values of that empire were the values which the English liked to think were something which they had invented. Certainly, the war and its immediate aftermath are the last time in living memory when the English had a clear and positive sense of themselves. They saw it reflected back in films like In Which We Serve, Noël Coward's fictionalized account of the sinking of HMS Kelly. As the survivors of the destroyer, sunk by German dive-bombers, lie in their life-raft they recall the ship's history. What they are really calling up is a picture of the strength of England. The captain and the ratings may be divided by their accents, but they share the same essential beliefs about what their country represents.

日本語
第二次世界大戦がチャーチルの国の「一番の成功を収める時」だったということに強く同感されている。彼はイギリスやイギリス帝国について話していたが、その帝国の価値観はイギリス人が何かを発明したと思いたいというものだった。確かに戦争とその直後は、イギリスが明確でプラス思考であった時の最初で最後の記憶です。彼らはノエル・カワードのHMSケリーのフィクション沈没ストーリー「In Which We Serve (軍旗の下に)」のような映画となって振り返られたのを見た。彼らが何を思い出させているかはイギリスの強さの描写である。破壊者の生き残りとして、ドイツの急降下爆撃機によって沈没された時の彼らの救命ボートがその歴史を思い出させる。そのキャプテンとクルーたちは彼らのアクセントによって分割されてしまったかもしれないが、彼らの国が象徴するものについては同じ不可欠な信念を共有している。