イタリアの記号..

日本語
イタリアの記号学者ウンベルト・エーコの同名小説を映画化した『薔薇の名前』(1986年)で主人公のウイリアムを演じた辺りが大きな転機になっているのだと思うが、『ザ・スタンド』(93年)ではアマゾンの奥地で癌の特効薬を発見する植物学者を演じ、『理由』(95年)では、無実の罪を晴らす老年の大学教授をこなした。
英語
I think it was a big turning point for him when he played the central character, William in the movie "Le Nom de la Rose" (1986) made from the novel by Italian symbolist, Umberto Eco. In the movie "The Stand" in 1993 he played a botanist who discovered a specific cure for cancer in the back of the Amazon and he also played an old professor who was an exoneration in the movie "Just Cause" in 1995.