農村の行事が..

日本語
農村の行事が町方にも広まり、城下町・弘前の夏の風物詩となっていったのだという。
弘前で発達したこの祭りは、後に青森各地に広まった。特に、明治時代に県庁所在地となった青森市では、方言の違いと、弘前との差別化から「ねぶた」と呼ばれるようになったという。現在では県内の4分の3もの市町村で同様の祭りが行われている。
英語
This festival developed in Hiromae and expanded everywhere in Aomori later on. Especially, in Aomori, it became a prefectural culture because of the difference in dialect and its differentiation with Hiromae, this festival started to be called 'Nebuta' supposedly. Nowadays, three quarters of cities in Aomori do this festival.