1984年にユネスコ..

日本語
1984年にユネスコ世界遺産に登録されたこの公園内には、谷に向かって流れ落ちる多くの滝やジャイアントセコイアの巨木の森などがあり、大自然に気楽に体験できると多くの観光客が訪れる。そして「エル・キャピタン」「ハーフドーム」と呼ばれている巨大な岩は世界中のクライマーにとって聖なる場所であり、公園にとってもシンボル的な風景になっている。
英語
In this park that was registered as a UNESCO World Heritage site in 1984, there is a forest of giant sequoia trees and a lot of waterfalls streaming down to the valley and many travellers visit there as you can easily experience great nature. The huge rocks called 'El Capitan' and 'Half dome' are sacred places for climbers in the world and it has a symbolic view from the park as well.